総量規制についても知っておこう

借入額が制限される!?総量規制とはどのような制度か

消費者金融やクレジットカード会社などの貸金業者からお金を借りる場合、年収の3分の1を超えることはできません。これを総量規制といいます。たとえば、年収が300万円の場合には100万円が借入れの限度額となるわけです。また、総量規制は複数業者からの借入れにも適用されるため、A社からの借入れが70万円の場合、B社から新たに借入れをする際には30万円を超えると年収の3分の1の100万円を超えてしまうため、30万円が借入れの限度額となります。それでは無職で収入が全くない場合はどうでしょうか。この場合は年収がゼロなわけですから、もちろん貸金業者からお金を借りることはできません。なお、ここでいう年収には、給与や年金の他、不動産の賃貸収入などが含まれますが、宝くじやギャンブルによる一時的な収入は含まれません。

総量規制にも例外がある

総量規制により貸金業者からの借入れが3分の1に制限されることになりますが、これにはいくつか例外事由や除外事由が設けられています。まず、貸金業者には銀行は含まれないので銀行でお金を借りる場合には総量規制の対象外となります。つまり、消費者金融のキャッシングは総量規制の対象になり、銀行のカードローンは総量規制の対象外ということです。また、総量規制は個人の借入れを対象にしているため、法人がお金を借りる場合も対象外。さらに、不動産や自動車を購入する際にお金を借りる場合も対象外です。他にも、借り換えやおまとめローンを利用する場合や配偶者貸付を利用する場合など、総量規制の対象外となる事由はけっこうあるので覚えておくといいでしょう。

カードローンは便利なサービスですが、利用に少し抵抗があるという方も多いのではないでしょうか。お金を借りるということで、気軽に利用できないというのも当然でしょう。もしどうしても利用したいという時は、カードローンがどういったものなのかをしっかり理解し、自分に合ったカードローンを選ぶことが大切です。

カードローンの基礎知識

選び方

Copyright © Instant Approved Loans. All Rights Reserved