会社によって借入限度額が変わる

客は必ず借り入れ希望額をそのまま借りられるわけではない

カードローン会社は必ずしも借りたい金額をそのまま貸してくれるとは限りません。契約時に利用限度額を設定し、その限度額に従って融資を行います。限度額よりも借り入れ希望額の方が低かった場合は、客は満額手にすることができますが、希望額の方が高かった場合は基本的に限度額までしか手にすることができません。つまり、希望額が50万円であっても、限度額を5万円に設定されてしまった場合は、5万円までしか借りることができないわけです。
そしてやっかいなことに、限度額がいくらに設定されるのかは実際に申し込んで審査に通らないとわかりません。カードローン会社によっては、限度額が借り入れ希望額を下回っても特に連絡してくることなく、いきなり振り込んでくる場合もあります。

ローンの利用実績を積んで申し込むと限度額が上がるかも

また、カードローン会社によって、設定してくる利用限度額は違います。利用限度額は複合的な要因で設定されますが、初めて申し込んだカードローン会社よりも、その会社との取引である程度実績を積んで申し込んだ二社目のカードローン会社の方が高いことがよくあります。これは、既にローンを利用していて、きちんと返済していることで審査での評価が高くなるからです。
また、大手の会社よりも中小の会社の方が利用限度額が高いということもよくあります。大手は貸し倒れのリスクを避けようとしますが、中小の場合、大手よりも融通を利かせないと客がなかなかきてくれないと考えるからです。ただ、その分、返済が遅れたときの督促は厳しく、頻度が高いことが多いので注意しなければなりません。

カードローンは便利なサービスですが、利用に少し抵抗があるという方も多いのではないでしょうか。お金を借りるということで、気軽に利用できないというのも当然でしょう。もしどうしても利用したいという時は、カードローンがどういったものなのかをしっかり理解し、自分に合ったカードローンを選ぶことが大切です。

カードローンの基礎知識

選び方

Copyright © Instant Approved Loans. All Rights Reserved